Search
  • hitotsubu

わたしと向き合うからだ講座

日時:2019年7月6日(土)17時~19時半

会場:いわき市常磐教会

住所:福島県いわき市内郷綴町大木下10−6

参加費:500円(コレクティブへのカンパ歓迎しています)

講師:權田菜美(ダンサー)


持ち物:動きやすい服装、飲み物、タオル、筆記用具


お問い合わせ:バーケット朋生(ともき)

teleportlady@gmail.com


わたしは、わたしの心と頭とからだでできてる。

あなたには、あなたの心と頭とからだでできてる。


見つめてみる。


わたしは、今・ここに、存在している。

わたしは、今・ここで、呼吸している。

わたしは、過去から繋がって、今・ここに、生きている。


暮らしは、勉強や仕事や家事、友達や付き合いなど、

やること、やりたいことやイベントがみっちり詰まっています。


このワークショップでは、

人生の時間から、改めて自分を取り出す時間を作っていきます。

自分を生きる大切なからだを通して、自分と向き合っていきます。

自分とからだをゆっくりと見つめ、

じっくりとほぐし、または、癒していきましょう。

自分を、暮らしを、人生を育ててゆくために。

そしてまた、日常へ帰っていきましょう。


目的/狙い/主な対象

主な対象:若者、またその保護者、大人

目的/狙い:自分自身と向き合い、知り、セルフマッサージやストレッチ、表現を通して、自分で自分をほぐしたり、セルフケアをする時間を持ちます。忙しい暮らしの中でおざなりにしがちな自分自身を、大事にケアしてあげる時間、大切にする方法を学ぶ時間になればと思っています。


クラスの特徴

(1)身体:モダンダンス、腱引き(柔術由来の整体)、パフォーマンスアートなどの身体技術を組み合わせ、身体を芯から作っていくこと、自分の身体を感じる力(知覚)を感じ育てることを大切にしています。

(2)表現:踊りやパフォーマンスの技術にとらわれず、自分の内側や外側を見つめ、言語・非言語の表現を使い、自己を見つめ、知り、解放してゆきます。


講師プロフィール

愛知県出身。高校時代の部活動でダンスを始める。3.11をきっかけに踊りを再開。アートとアクティヴィズムを横断しながら、反原発、民主主義、ジェンダーなどに関する作品を創作。また、「自分を知り、大切にする」を基本コンセプトに据えたストレッチや身体表現の各種講座やパーソナルトレーニングを行う。

主なスキルは、モダンダンス。パフォーマンス・アート。上智大学博士前期課程修了(修士号・地域研究)。文系ダンサー。

主たる作品は、「駆け出すための方程式」「黙っていたらカワイイのに」「私もフリーダです」。


近年の主な公演歴は、2018年、7月、第30回カサブランカ大学国際演劇祭(モロッコ)に初出品。モロッコツアー実施。アートフェスティバルVIVE MEXICO TOKYO出演。2019年2月、TPAM横浜2019出品、グループミーティング主催。5月、メキシコ大使館にて単独公演。


主な講師歴。東京国際フランス学園でのダンス講座「Meet Me and Dance」。下北沢解放区Project「身体とパフォーマンスWS 場・解放・記憶・私」。株式会社CINRA社員向け講座「In the office in life」。


開講中の講座は、自由芸術大学ストレッチ講座「資本主義のなかの身体とダンス・パフォーマンス」(毎週木曜)。高円寺イトテト舍「イトテト・暮らしのからだ講座」(月1回)。新宿カフェラバンデリア、「自分を生き・抵抗するからだ」(月1回)。下北沢気流舎「ノンネイティブ英語講座」(月1回、これは英語と英会話のクラス)


趣味はバードウォッチング。犬と絵と読書も好き。好きな食べ物はスープや味噌汁。

ngonda716@gmail.com / 090-6584-9832

Blog: 「dancer’s life」http://gonna-dance.hatenablog.com

FB/ YouTube/ Vimeo: Nami Gonda

Instagram/ Twitter: @namigonda

0 views
  • Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon
  • Black Twitter Icon